「活性酸素」が体に悪い…ということはご存知だと思いますが、活性酸素の何が、どんな風に良くないのかを知っておくことは重要です。活性酸素が多すぎると、「健康」も「美しさ」も奪割れてしまいかねませんからね…。その前に「抗酸化作用」のことも知って、早めに対処し、活性酸素を生み出さない体づくりを心掛けていきましょう!

スポンサードリンク


体を虫食む活性酸素を抗酸化作用で撃退するには?記事一覧

 

体内で酸素を利用して細胞を呼吸させたり活動させたりすることで、活性酸素が発生します。フリーラジカルとも言われています。この活性酸素が増えすぎると、体の細胞が酸化してしまい、老化を早めたり、癌の元になったりする恐ろしい物なのです。さらに、活性酸素は女性ホルモン分泌にも影響を及ぼしかねませんよ。

 
 

特に抗酸化作用をするものは「ビタミン」に多く含まれています。活性酸素や過酸化脂質など細胞を傷つける毒から守ってくれているのが、ビタミン類です。ビタミンC,E、β?カロテンなどの抗酸化物質なのですね!