若年性更年期障害の原因は身近な所にある?!

 

更年期障害が起こる理由をご存知ですか?それは女性ホルモンの分泌低下と関連します。女性が年をとれば、女性ホルモンを分泌している卵巣の機能が衰えるので、脳で指令された通りのホルモン量を作って分泌させることが出来なくなります。

 

 

それなのに脳はいつまでもホルモン量をたくさん出して!という指令を出し続けるので、身体の働きと脳の指令との不一致が起こり、それが不快症状となっていろいろと表れてしまいます。

 

 

スポンサードリンク


卵巣の機能を低下させる原因

更年期障害の場合は、「年齢による卵巣機能の衰え」などが女性ホルモン低下の主な要因ですが、若い女性の若年性更年期障害の場合は、卵巣の機能を低下させる原因が他にあると考えるべきです。

 

 

例えば、食事。
ビタミンやミネラルなどのバランスのとれた食生活をしていますか?

 

 

どうしても体型が気になるので、「ダイエット」「スリムになりたい」という意識ばかりが働いてしまいますが、女性の美しさをたもっているのは女性ホルモンです。

 

 

これを元気に働かせるには絶対必要なビタミンやミネラル、タンパク質などのバランスの取れた食事は必須です。

 

 

他にも夜更かしをしている、会社や学校などでのストレスが多すぎる、
こんなことも女性ホルモン分泌低下の原因となりますよ。

 

 

 

どうしても症状がひどすぎる場合は産婦人科などを受診され、血液検査でホルモン量を調べてみるとよいです。

 

ただ、女性ホルモンの分泌量がかなり少ないと診断された場合、医者が処方するのは「ピル」や「低用量ピル」という薬です。これは人口ホルモン剤といって、症状は抑えてくれますが、体にとって「良い!」というものではありませんので気を付けて下さいね。

 

 

人工的に作られたホルモン剤は、私たちの体内で生産される天然ホルモンとは構造は似ていて、作用も似ていますが、やっぱり人工物。体内で作られたホルモンの様に自然に排出されず、いつまでも体内に留まって後々悪影響がでてきますので、ご注意を!

 

 

ですので、私たちの体を「女性ホルモンを作りやすい状態」にしてあげることに力を注ぐ方が何倍も体に優しいといえますよ。例えば女性ホルモンをアップさせる食べ物を摂るとか。それが難しい場合は、完全栄養食の「マカ」などを賢く利用するとかね…。

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

若年性更年期障害の症状
若年性更年期障害の症状ってどんな感じなの?と少々不安になっておられる 方も多いと思います。なぜって?こんなに若い年齢なのに、もうすでに更年 期のような症状がでてきていて、これっていったい何の病気?と確かめたい ですよね。ここでは若年性更年期障害の症状についてお話していきます。
セロトニンを増やして精神安定
セロトニンのサプリって今一どれがいいのかよく分からないという、うつや不安を改善したい方にセロトニンのサプリについてや食べ物についてまとめておきましたのでご覧ください!
めまい,ふわふわ,動悸を改善
めまいやふわふわ感、動悸や息切れが起こる原因ってなに?忙しい時に限ってふわふわしたりめまいがしたり、動悸で苦しくなったりしませんか?その原因をしって対策を行うことで、症状は改善できますよ!
イライラが止まらない方へ
突然イライラして止まらない原因は病気なんだろうか?と不安になられていると思います。色々な可能性がありますが、その原因と対処法についてお話していきます。止まらないイライラもこれで改善できますよ!

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク