めまいやふわふわ・動悸の正体はコレ!

突然、身体がふわふわと雲の上にいるような状態になったり、めまいや動悸が頻繁に起こる・・・ 嫌ですよね。心配ですよね。自分の体に一体何が起こってるんだろう?と嫌な感じがしてしまいます。その原因は一体なんなのでしょうか?

 

めまいやふわふわ・動悸の正体についてお話します。

スポンサードリンク


めまい・ふわふわ・動悸の原因は・・・?

 

それは、「血液循環不足?!」

 

 

実は「脳内貧血」といって、脳の中の血液量が不足したり
血流が悪くなって貧血を起こすと、ふわふわしたりめまいや動悸、
立ちくらみを引き起こしたりしやすくなります。

 

しかも、こういう症状は、低血圧や貧血傾向の強い方せ型の方などに多いです。

 

他にもストレスをためがちな責任感の強い方や今の職場や人間関係に
問題を抱えている方なども起こしやすいので注意は必要です。

 

少し詳しく見ていきましょう!

 

めまいはなぜ起こる?

 

「めまい」と一言で表しても、いくつかの症状や原因が潜んでいるようです。

 

・立ちくらみ

立ち眩みなどの眼前暗黒感は急に目の前が真っ暗になる症状。
原因は、脳の血流が悪くなる状態のようです。

 

座っていて急に立つとクラっとするのは、
坐位から立位の姿勢が変わった瞬間に
本来高まるべき血圧が高くならなかった時に起こります。

 

立ち眩みは自律神経失調症などの
自律神経のバランスが乱れる病気になっている場合に
起こりやすいといわれています。

 

自律神経は血圧などをコントロールしていますからね。

 

女性の場合は、毎月月経があり、
貧血状態になりやすいため、血液量の確保も必須です。

 

 

・動揺性めまい(ふらつき)

頭にふらつきのあるめまいがある場合は、
脳(小脳や脳幹など)に重い問題が起こっている場合に起こるそうで、
脳神経外科に行くことをお勧めします。

 

全身のふらつきがひどい場合は、自律神経失調症などの
影響が考えられ、呼吸や平衡感覚、呼吸、血圧、胃腸のコントロール
もできにくくなるため、ふらつくことが増えるそうです。

 

 

・回転性めまい

回転性めまいはその名のごとく、自分や周りが回っているように見える症状で、気分が悪くなったり、吐き気を伴ったりすることもある症状。

 

管理人も何度か経験がありますが、単なる、「クラっと」するめまいとは違って、非常に気持ちが悪いです。

 

あまりにもぐるぐる回る感じが続くと、
自分はどうなってしまうのだろうか?
何か重大な病気なのか?と心配になりますが、

 

命の危険にさらされるものではないそうです。

 

回転性めまいの原因の多くは、「耳」

 

耳の中には体の平衡感覚を保つ機能があり、
その部分に問題が起こると、バランスをうまく保てなくなるため、
回転性のめまいが起こることがあるようです。

 

特に「内耳」という部位は、三半規管や重力を感じる
重要な部位だったのですね。

 

上記の血液や体液の循環が悪化すると、
耳の三半規管に影響がでることもあるため、
めまいや耳鳴りが生じるということです。

 

ただし、耳鳴りや難聴も伴っている方はメニエール病やうつ病、中耳炎、顔面神経麻痺、突発性難聴等の可能性もあり、これらの病気となるとかなり厄介です。

 

早めに受診されてくださいね。

 

女性ホルモンのバランスが崩れることでも
めまいや耳鳴りの症状は洗われます。

 

例えば若い方であれば「月経前症候群PMS」、
40代以降の方であれば更年期障害などです。

 

女性ホルモン不足でめまいや耳鳴りを起こすケースも
あるため、貧血や血圧が正常なのに
めまいや耳鳴りが長回らない方はホルモン剤などの
処方が必要かもしれません。(低用量ピルなど)

 

これらの大本の原因は、
ストレスだったり、不眠だったりします。

 

管理人もストレスが強い時期に、めまいがひどくなり、
耳鳴りも頻繁になっていたように思います。

 

精神面でのダメージは女性ホルモンの変動にも
大きく関係しますので、病院では精神安定剤を
処方されることもあるようです。。。

 

めまいが酷い方は、とにかくストレスから
自分自身を開放して、リラックスすることが大事です。

 

それと同時に貧血や水分不足もケアしていきたいですね!

 

 

スポンサードリンク


style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-2319475265766650"
data-ad-slot="9938147201">



動悸はなぜ起こる?

 

動悸が起こる原因は何?

 

管理人も長期的にひどい動悸に襲われていた時期があり、
原因も不明で何か重篤な病気の前触れなのではないかと
心配しました。

 

例えば会社の面接の前や、プレゼンの前、
資格試験の前などはドキドキします。
これは自律神経の交感神経の働きが高くなっているので
起こっているので、心配無用。

 

でも日常的に動悸が起こる場合はあまりよくないようですね。

 

調べてみると、日常的に頻繁に動悸が起こる場合は、
心の病気か心臓や肺などの病気の可能性があるようです。

 

 

動悸の原因

 

  • 心臓病
  • 不整脈
  • バセドウ病(甲状腺ホルモン過剰分泌)
  • 狭心症(心臓に血液を送る血管の硬化)
  • 更年期障害(女性ホルモンの急低下によって)
  • 貧血
  • 精神疾患

 

健康診断で管理人がよく指摘されたのは、
痩せすぎによる貧血と、
甲状腺に関する病気との関係。

 

先生ははっきりと病名は口に出しませんでしたが、
おそらくは「バセドウ病」の可能性を秘めていたかもしれません。

 

甲状腺の機能が高まりすぎて、甲状腺ホルモンが過剰に作られ、
甲状腺が晴れたり、動悸や目の症状が起こってくるそうです。
バセドウ病は女性に多い病気のようです。

 

これは結局、免疫システムの異常原因で、
本来免疫は外から侵入してくるウイルスや細菌に対して
攻撃する抗体を作りますが、

 

自分の体を攻撃する抗体を作ってしまっている、
それがバセドウ病だそうです。

 

大きなストレスを抱えながら仕事をしていたので、
おそらく、引き金となっているのはストレスなのかなと…。

 

 

でもめまいやふわふわ感・動悸は改善できます。

 

 

脳内貧血の状態をまず防ぐということから始めたいですね^^

 

この体内や脳内の貧血を改善する対策を行っても改善されない場合は、
一度受診された方がよいとおもいます。

 

 

脳内貧血を改善させるために必要なこと。

 

@水分不足にならないように注意すること

 

特に朝食を摂らずに出勤したり、あまり水分を摂らない方は
汗や尿で水分はどんどん出ていて、寝ている間も失われてます。
そんな方が急激に朝動くと、動悸が起こり、貧血が一気に進み
倒れることだってあります。

 

 

A血液を作る栄養不足にならないように。

 

血液を作るためには、鉄分やそれ以外にも色々なミネラルが必要です。
ミネラルである鉄分などは極端に偏って摂りすぎるとかえって別の良くない
症状を出してしまうなどがありますので、とにかくバランスよく摂取するのが
一番なんですよね。

 

 

ですので貧血に鉄剤を処方されて飲むよりも、ミネラルをバランスよく
摂取していく方が体にも優しいというわけなのです。

 

 

例えば、「マカ」でしたら、貧血を防ぐのには必要なビタミンB12がとても豊富に
含まれています。ビタミンB12は血液の中の赤血球の生産を助ける働きが
ある栄養素です。これが不足すると「鉄分不足による貧血」ではなく
「悪性貧血」という赤血球不足による貧血がおこります。

 

 

さらに、マカの中には血管を開いて血流を促進させるアルギニンも豊富なの
で、こういう症状改善には相当役に立ちますよね^^
しかも女性ホルモンのバランスも整えてくれるスーパーフードなので…

 

 

でもマカはビタミンB群が非常に豊富なので、こういった悪性貧血も
しっかり防いでくれるため、体の中の血液の量も質も落ちにくく、脳内貧血による
ふわふわ・めまい・動悸などの症状を改善することができます。

 

 

これはイイ!安心して摂れるマカについては⇒

 

 

私も動悸のあとめまいがして立ちくらみになり電車の中で倒れるという経験を
しましたが、本当に自分ではどうにも体が動かせなくなるので、ふわふわや
めまい・動悸のある方は早めの対処をおススメします。

 

もしあれが、電車じゃなくて、運転中だったら…と思うとぞっとします(-_-;)

 

 

動悸も、めまいも耳鳴りも、何らかの形でストレスは関与しています。ストレスをため込みすぎず、自分自身を見失わない生き方を探したいものです。

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

セロトニンを増やして精神安定
セロトニンのサプリって今一どれがいいのかよく分からないという、うつや不安を改善したい方にセロトニンのサプリについてや食べ物についてまとめておきましたのでご覧ください!
イライラが止まらない方へ
突然イライラして止まらない原因は病気なんだろうか?と不安になられていると思います。色々な可能性がありますが、その原因と対処法についてお話していきます。止まらないイライラもこれで改善できますよ!

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク