準備物なし!瞬時に体を温める方法と効果的な場所

女性ホルモンを増やすためには、「冷え」は絶対に防がなければなりません。

 

冷えによって、女性ホルモンを分泌している「卵巣機能の低下」や血流の減少により、分泌したホルモンが体にいきわたりにくくもなりますからね。

 

 

冷えを改善するためには、たくさんの方法がありますが、効果的な方法やちょっと面白い方法についてお話していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


@ 何も使わずに瞬時に温まるには?

 

「耳」です。

 

???と思われたかもしれませんが、耳は、全身に通じるツボが集まる場所ということはご存知だと思います。

 

 

耳を刺激することで、全身の各部分が刺激され、瞬時に温かくなってきます。

 

やり方は簡単!

 

耳たぶを手でつまんで、押したりマッサージしてほぐすだけ。
これを20秒〜1分程行います。
すると、徐々に体がポカポカしてきます。極度の冷え性の方は、1分はマッサージされるようにしてくださいね^^

 

夜寝る時、足が冷えて靴下が手放せない!!という方も是非◎

 

 

あたためると、効果的に体が温まるのは?どこ?

 

体が冷えてるから、早く温まりたいな…という時、ホッカイロなどで体を温めると思いますが、どこにホッカイロを当てておくと一番体を温められるかご存知ですか?

 

背中?
お腹?
首?
おしり?

 

一番お勧めなのは、「お腹」です。
体中の血液の『4分の3』もがお腹に集まってくるので、お腹を温めることで、血液が暖められ、それが全身に流れることで体が温まるわけですね!手足の先が冷たい方は、お腹を温めていくと良いですね!

 

次にお勧めなのは、『首』です。
首も頸動脈という太い血管に、血液がたくさん集まるので、首を温めると体が温まります。首を温める方が、体がホカホカする体感は早いかもしれません!

 

 

 

首にホッカイロを貼るのは難しいので、マフラーなどで冷やさないようにするだけでも、効果はありますよね!


 

次は、寝る時の厚着と寝る前に体の芯から温める方法についてです⇒

スポンサードリンク



この記事の関連ページ

寒くて寝られない
寝る時寒いからと言って厚着をしちゃう!でもデメリットもいっぱいあります。余計に体を冷えている事実とは?厚着ではなく体の芯から温める方法もご紹介しています。
冷えにはお風呂の対策
冷え性だと女性ホルモンを増やす方法を頑張っても増えない傾向があります。寒い冬を乗り切るためにも、冷え対策特集を参考にされていってください^^特に、ゆず風呂はイイですよ!そのわけとは?
卵巣の冷えを改善する食べ物
卵巣の冷えを改善したい…特に妊娠を望まれている方、女性ホルモンのバランスを整えたい方は必見です。すぐにでも日常生活に取り入れられる食べ物と調理法についてお話しています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク