冷え性女性の寝る時対策A

 

前のページでは、究極に寒い時何も使わず数十秒で温まる方法などをご紹介しました。


 

ここでは、寝る時の厚着と、体の芯から温める方法をお話していきますね。

 

夜寝る時、寒いからついつい厚着して寝るのはNG?!

 

寒い日の夜は、寝る時に冷えないようにと着込んで寝る場合もあると思います。でも実は寝る時の厚着は、余計に体を冷やしてしまっていたのです。

 

入眠前に、体が冷え切っていると、うまく入眠することができないので、確かに「体を温かくしておく」ことは大切です。

しかし、厚着をして寝る方法は下記のようなデメリットがあります。

 

 

  1. 厚着・重ね着しすぎて、睡眠中に汗をかいて冷える
  2. 寝返りが打ちにくいので、睡眠中あまり動かない
  3. 重ね着による締め付けで血流圧迫

 

寝汗で冷える

人は眠りにつくと徐々に体温は下がっていくそうで、午前4時頃が一番低い体温になるようです。その、入眠時には、「体温を下げる」という働きが体内で起こるから、どんどん体温が下がります。

 

体は、体温を下げる時に、汗をかいて体を冷やそうとするので、厚着の場合は、入眠時にびっしょりと汗をかき、それが冷えて、余計に冷えすぎてしまうこともあります。

 

寝返り打てず、血流悪く!

人は夜中に20〜30回も寝返りをうつのが普通です。これは、無意識の間に行っていることですが、寝返りを打つことによって、寝ている間でも血液が体の各部分に循環しやすくなります。

 

しかし、厚着だと、寝返りがうちにくい、うてないので、寝返り回数が減って、血液が滞りやすくなるため、冷えやすいのです。

 

締め付けで血流阻害

重ね着によって、体のあちこちが「締め付けられる」わけです。整体の先生の話によると、寝る時は、パンツのゴムでさえ、緩めたものを着用するのがベストだそうです。

 

人は寝ているときに体の様々な部分を回復させるため、脳幹から「自然治癒力」も出てきます。ところが、締め付けることによって、自然治癒力が思うように出せなくなってしまうわけですね。これには血液の循環が大きくかかわっているので、締め付けによって、血流が悪くなり、自然治癒力も出ない、体は冷える一方…と良くないことの嵐です。

スポンサードリンク


冷え性の私は寝る時、一体どうすればいいの?

 

@まずは、外部の調節を!

 

寝ながら温度調節が出来るように、布団を重ねて掛けることです。
布団+毛布が足りなければ、もう一枚薄手の綿毛布を追加するなど。

 

睡眠時は体温がぐっと上がってその後に急降下することで深い眠りにつきます。

 

管理人ニコも朝起きてビックリしますが、夜は寒くて眠れないと思っていても、朝気づいたら知らない間に毛布を横にのけていることがしばしばありました。

 

布団だと、寝ている間に「熱すぎる!」と思えば、無意識に横にのけて眠れるので、寝汗で冷える心配が減りますよね^^

 

A次は内部の温度調節を!

 

体内から温める方法を選択していきましょう。

 

 

◆寝る前に体を温める飲み物を摂取する
コーヒーなどのカフェインの入っている飲み物は、目を覚まさせてしまいますし、コーヒーには体を冷やす作用もあるので、おススメしません。

 

寝る時寒いからついつい厚着!これNG?体の芯から温める方法

その代り、ココアは体を温める作用があるようです。
体を温めるなら、「ショウガ」と思いますが、実はココアはショウガとは違うメリットがあります。

 

それは、「体が温まって持続できる時間がながい!」ということですね。布団に入ったらすぐに寝着ける方はよいのですが、なかなか寝付けない方は、飲んでしばらくは体が温かくて快適になっても、すぐに冷えてまた眠れなくなるという場合もあると思います。

 

★最近注目されてるのが「サジージュース」

 

※↑イメージです。

 

サジーは極寒の地でも実をつける植物で、体を温める作用が非常に高いとして注目されています。

 

そのわけは、@熱を作る栄養素 A熱を体内に運ぶ栄養素が含まれているからだったのですねー!

 

注目ナノは豊潤のサジージュースです♪お試し価格が千円代と安くて、試しやすいですからね^^

 

ジュースなので、冬場は飲んだ瞬間は冷たいですが・・・。

 

 

夜用のホット豆乳などもオススメです。
豆乳には、睡眠ホルモンの元原料になるトリプトファンも豊富にはいっているので、続けていくほどに寝付きも良くなっていくと思いますよ^^

スポンサードリンク



この記事の関連ページ

瞬時に体を温める方法
冷え性・寒がりさんが道具などを何も使わず、瞬時にその場で寝転んでいても体を温めることができる方法をご紹介していきます。
冷えにはお風呂の対策
冷え性だと女性ホルモンを増やす方法を頑張っても増えない傾向があります。寒い冬を乗り切るためにも、冷え対策特集を参考にされていってください^^特に、ゆず風呂はイイですよ!そのわけとは?
卵巣の冷えを改善する食べ物
卵巣の冷えを改善したい…特に妊娠を望まれている方、女性ホルモンのバランスを整えたい方は必見です。すぐにでも日常生活に取り入れられる食べ物と調理法についてお話しています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク