女性ホルモン値が低い場合の対処法|自分で分泌量を増やすポイント

女性ホルモン値の検査を病院で受けられて、分泌量が普通の女性よりも低かった場合、ホルモン補充療法やホルモン注射などで女性ホルモンをアップさせることは可能です。

 

もちろん自宅で女性ホルモンを増やすサプリなどもありますが、まずホルモン補充療法についてお話していきます。

スポンサードリンク


ホルモン補充療法

 

ホルモン補充療法の場合、エストロゲンが少なくなった更年期障害の方に良いとされる治療法です。飲み薬、塗り薬、張り薬などで行えます。

 

 

月に2000円程医師に処方してもらって行います。ただ、これは、長期にわたり(5年ほど)続けて行うと、乳がんになる確率も高かまる場合があるとされています。

 

 

エストロゲン自体が乳がんの発症にかかわる可能性があると言われています。ただ、エストロゲンがなさすぎると体に不調をきたすので、補充するという考え方なわけです。

 

 

ホルモン注射

 

女性ホルモン注射は、更年期障害の症状改善や毛深いことを改善することに効果がでるようです。しかし、副作用もあり、頭痛や吐き気、胸がはる、うつ傾向になるという状態になります。個人差がありますが…。

 

 

これらの場合は、医師の診断によって治療として進められるもので、個人で勝手に行うのは非常に危険です。肝臓の病気や癌になる危険が上がるためです。

 

 

医師の検査での診断に従いながらですが、普段の生活で女性として自分の努力によって分泌量をあげられる方法を知っていたら…。

 

これらの副作用やリスクのある方法を使う日がくるのを避けられるかもしれませんよね!日頃から女性ホルモンをアップさせるポイントを意識して生活されてみてはいかがでしょうか?

 

 

女性ホルモンアップ!自分で分泌量を増やすために

@食事やサプリで女性ホルモンがアップする栄養素を体内に取りいれる
Aマッサージや運動で血行を促進させて、栄養素や酸素を行き届かせる
Bストレスがたまらないように、日ごろからケアをしていく
C副作用の少ないサプリやドリンクを併用する

 

特にプラセンタは副作用が少ない成分ですね!

 

 

プラセンタは豚などの胎盤から採取され、プラセンタエキス自体にホルモンが入っているわけではないのです。

 

プラセンタは、卵巣の機能を活発にして、女性ホルモンの分泌を促進させる作用があり、女性ホルモンを増やしたい女性にはとてもよいですね!

 

副作用に悩まずに女性ホルモンをアップさせるプラセンタもチェックしておかれると良いですね^^

スポンサードリンク



この記事の関連ページ

女性ホルモン値検査とは
痩せ型の女性は女性ホルモンが少ない傾向ですので、自分の女性ホルモンの分泌量を知るために、女性ホルモン値検査を受けていくがよいです。女性ホルモン値検査の値段や調べてわかる事などもご紹介しています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク