血液の質が上がって卵巣も元気になる栄養素・食品とは?

まず摂りたいのが「タンパク質」。

 

タンパク質は、人間の体全体を作っている大切なもので、これが不足してしまうと、疲労しやすい体になってしまいます。
ただ疲れやすいだけではなく、卵巣なども疲れてくるので、老化の方向へ進んでいってしまいます。

 

しかし、タンパク質がしっかりと足りていれば、前のページに述べた冷えや腰痛などの改善ができやすくなります。

スポンサードリンク


日本人は「タンパク質」が足りなていない!?

 

私たち日本人の食生活においては、米や小麦などの「炭水化物」をたくさんとることが主流でした。だから、「タンパク質」が足りず、「冷えやすくなる」傾向があるのです。

 

タンパク質不足だったの・・・!?

 

そういえば、ダイエットで肉や魚を食べなくしてる女性も多いものね。
何を摂ればいいのかな?


タンパク質を摂取するために摂るべき食材について

 

パッと思い浮かぶのであれば、大豆や豆腐、豚肉、魚などでしょうか?
その中でもとくに痩せ型の女性にもよいものをご紹介しますね。

 

<タンパク質>

 

・卵・牛乳・ヨーグルト・チーズ
これらは、コレステロールも増やす食材なのですが、痩せ型の女性の場合は、女性ホルモンをつくりだすために必要なコレステロールが少ない可能性があるのですね;ですので、これらの食品は積極的に摂取してよいでしょう。

 

 

やせ型でもコレステロールが高めな方はご自身でコントロールしてくださいね。チーズや卵はコレステロールが高いですので。

 

 

 

・豚肉
ビタミンBが豊富に含まれているので非常におススメです。

 

・大豆
大豆製品は消化が良くて、タンパク質の含有量がとても多いので、かなりおすすめです。大豆イソフラボンは更年期の症状にもよいとされています。

 

・魚(イワシ、サンマ、サバなどの青魚)
脳の働きもよくしたり、血液をサラサラにする作用もあるので、摂取すると2倍、3倍ありがたい効果がえられますよ!

 

 

 

また、ビタミン類も不可欠です!

 

<ビタミン類>

 

・ビタミンA
カボチャ・人参・ホウレンソウ・豚レバーなどにたくさん含まれています。

 

・ビタミンB1
鉄分を分解する作用があります。不足すると神経炎になりやすくなるので、しっかり摂取したいところ。

 

きのこ類・全粒粉のパン・緑黄色野菜を加熱して!

 

 

・ビタミンB12
赤血球をつくる働きがあります。卵巣を元気にするには血液の流れが非常に大切ですよ!神経を修復して、血液を増やす大切な役割があります。

 

豚、牛・鶏レバー・サンマ・イワシ・アサリ・シジミ・牡蠣に多く含まれています。

 

・ビタミンB6
タンパク質を代謝して血液のヘモグロビンを作り出す!タンパク質を分解して体の組織をつくるアミノ酸を合成する時に必要です。肝臓の機能も良くなります。

 

牛・豚レバー・マグロ・バナナ・サンマに含まれています。

 

・ビタミンC
血管を丈夫にしてコラーゲンの合成も助けます。

 

果物、葉野菜、ピーマン、ジャガイモに含まれます。水で流れやすいので注意が必要です。

 

・ビタミンB2
粘膜を保護して、老化を防ぎます。
牛レバー・豚レバー・ウナギ・納豆・乳製品に多いです。

 

 

重複している物もありますよね?うまくそれらを摂取していくことで、無理なく食事に取り入れることが可能ですね!
これらはバランスよく摂取することで卵巣機能の働きを助けますので是非!

 

 

 

ビタミン類はすぐになくなりやすいものです。たくさん食べられない場合は、ビタミンのサプリメントを利用するのもよいですよ!


 

また、血液サラサラ効果のあるDHAやEPAなどのお魚に含まれる成分も魚が苦手な人ならサプリで摂っていくことも大切です。サントリーのDHA&EPAも八年連続売上1位なのでおすすめですね!

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

女性ホルモンアップに必要な栄養
痩せ型の女性は女性ホルモンが少ない傾向にあります。たくさん食べられない痩せ型の女性でも、女性ホルモンに良い食べ物を知って、必要な栄養素をしっかりと体に入れてあげましょう!
女性ホルモンアップの食べ物
痩せ型の女性は女性ホルモンが少ない傾向にありますが、卵巣によい食材を摂取することで、女性ホルモンをアップさせることもできますよ!その食材についてもご紹介しています。
女性ホルモンが多い食べ物
痩せ型の女性は女性ホルモンが少ない傾向にあります。女性ホルモンが多い食べ物のうち、色々な噂を聞いて気になる食材を調べました!
毛深さも改善!
女性ホルモンが少ないと、体毛が濃すぎたり、量が多かったりしやすい状態になります。その理由や対処法をご紹介しています。
体毛が濃い!薄くなった体験と方法
体毛が濃い女性は女性ホルモンよりも男性ホルモンが多いの?ということについてや、対策などをお話しています。ヒゲや脚・腕毛を薄くしたい!と願う女性は内側からの改善もしてみませんか?
ホルモンUPで毛が生えなくなる
女性ホルモンを増やすことでひげが生えなくなった、管理人の体験談とともに、女性ホルモンを増やす方法とひげ対策について詳しくお話しています。
毛深いし胸が小さい方の原因と対策(体験談あり)
毛深いし、胸が小さいという女性の方に、管理人のバストアップ体験&剛毛改善体験について詳しくお話しています。毛深いのと胸が小さいことって実はものすごくつながりがあることも分かりました!
ツボ押し
女性ホルモンを増やす方法のツボ押しは、バストアップにもよいとされていて、おススメの方法です。覚えれば簡単!是非身に着つけられて、女性ホルモンアップをツボ押しでされてみて下さいね!
恋愛でホルモンアップ?!
女性ホルモンを増やす方法で恋愛がイイというのは、本当なのです。恋愛によって分泌されるホルモンの効果や他に分泌されるホルモンについてお伝えしています。
40代の冷え性や腰痛改善にも
女性ホルモンを増やす方法で40代の女性にお勧めな方法をご紹介しています。特に冷え性や腰痛を持っている方は、症状が改善するきっかけにもなり得ます。女性ホルモンを増やして40代も快適にお過ごしください^^
更年期症状を軽減するには
女性ホルモンを増やす方法で更年期症状を軽減したい方は必見です。すぐにできる女性ホルモンアップ法をご紹介しています。
サプリメントのメリット・デメリット
女性ホルモンを増やす方法でサプリメントの摂取は副作用は大丈夫なのでしょうか?痩せ型女性の女性ホルモンを増やす方法としてサプリを飲むメリットやデメリットをお伝えしています。
飲み物で女性ホルモンアップ
女性ホルモンを増やす方法で飲み物でうまく補えるのか、また、女性ホルモンを増やす飲み物とはどんなものがあるのか、その作用についてもご紹介しています。
ピルで女性ホルモンアップするの?
女性ホルモンを増やす方法でピルを飲む方法もありますが、実際ピルってどんなものなのか、副作用などはあるのか、ピルのメリットなどについてお伝えしています。女性ホルモンを増やす方法でピル試したい方の参考になればうれしいです。
注射のメリット・デメリット
女性ホルモンを増やす方法で注射を打つメリットやデメリット、副作用などについてお伝えしています。女性ホルモンを増やす方法で注射をお考えの女性必見です!
アロマオイルも効果があります!
女性ホルモンを増やす方法でアロマオイルを使った方法も痩せ型女性には効果的なんですよ!リラックスすることと女性ホルモンの分泌には深いつながりがありますので、アロマで是非女子ホルモンを増やされてくさいね!
ストレス時のアロマオイルなら?
女性ホルモンのバランスはストレスによってもかなり左右されやすいものですので、女性ホルモンのバランスがストレスで崩れたときの対処法としてはアロマオイルがとってもいいですよ♪ネロリというアロマオイルのストレス時の効能と女性ホルモンバランスの回復ついて詳しくお話しています。
睡眠も分泌量に関係するの?
女性ホルモンを増やす方法で睡眠が良いといわれますが、痩せ型の女性にも当てはまるのでしょうか?自分で女性ホルモンを増やすために、睡眠のことも知っていると得ですよ!
すっぽん小町がいいワケ。
すっぽん小町は女性ホルモンアップに優れたサプリですね♪女性ホルモンを増やしやい女性が摂取したい栄養素が凝縮されているのもその魅力?すっぽん小町と女性ホルモンアップについて是非参考にされてみてくださいね!
更年期の女性ホルモンUPなら
更年期に女性ホルモンを増やす方法についてお話しています。毎日の不快な更年期症状をどうにか緩和改善させたい!と強くお悩みの女性にも、自分の生活の中で改善できることを中心に詳しくお話していますので、参考にされてみて下さいね!

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク