更年期の不快な症状の原因を改善できるのが女性ホルモン投与!

女性ホルモン投与を行う、女性ホルモンの補充療法では、さまざまな更年期障害の症状の緩和に良いとされています。

 

女性の体は、10代20代で女性ホルモンが増えて、出産ごろがピークになり、そこから加齢とともにどんどん女性ホルモンが減少し、40代を過ぎるとかなり減ってしまいます。

 

 

女性ホルモンの分泌が少なくなった体は、赤ちゃんを産み育てる必要がなくなってきたと判断して月経もまばらになり、閉経へと向かいます。

スポンサードリンク


女性ホルモンが減ると脳内で起こる混乱

 

 

女性ホルモンが減少したら、脳は、女性ホルモンをもっとだして!と
卵巣に指令をおくります。卵巣も年齢とともに衰えてきますので、
女性ホルモンの分泌をうまく出せません。脳は、指令を出しているのに、
分泌されないことに混乱してしまい、自律神経まで乱れてしまうのです。

 

 

 

更年期障害の症状にはどんなものがあるの?

自律神経のみだれが、様々な精神的な症状や体の苦痛も引き起こしています。

 

それを女性ホルモン補充療法を行うことによって、女性ホルモンが体内に満たされ、脳の混乱がなくなるので、自律神経系も落ち着き、症状がかるくなるのですね。

 

 

どのような症状に効果があるのかといえば、顔がほてったり、汗をかきやすかったり、手や足がすぐに冷えたり、動悸や息切れがよく起こったり。また、寝つきが悪く、眠りが浅かったり、よくイライラして、起こりやすかったり。かと思えば、憂うつになったり、くよくよしやすくなって、情緒不安定になったり。

 

 

頭痛、吐き気、めまいや疲れやすさ、だるさ、肩こりや腰痛など体に出てくる様々な症状を投与した女性ホルモン緩和してくれます!

 

 

女性ホルモン投与には、副作用もあり、長期的な投与はおススメできません。

 

 

更年期障害の症状を抑えたり、軽減されたいのであれば、女性ホルモン投与以外に自分で女性ホルモンを増やす方法もたくさんあります。栄養睡眠サプリなどは女性ホルモン投与の副作用のリスクを抱える前に、ためしてみられることをおススメします!

スポンサードリンク



この記事の関連ページ

女性ホルモン投与の副作用って?
女性ホルモン投与で副作用が出るのか?女性ホルモン投与で起こりうる副作用やその原因とメカニズムについて知るることで、自分の体に合った女性ホルモンの増やし方を選んで行うことも可能です。
女性ホルモンと口ひげ
女性ホルモン投与でヒゲが薄くなるというのにはちゃんとしたメカニズムがあります。口ひげや体毛が気になる女性は是非このメカニズムを知って、女性ホルモンアップで口ひげを減らしましょう!
自律神経の乱れを抑える
自律神経は女性ホルモン投与で乱れを抑えられるのか、体の仕組みやメカニズムを通してお伝えしています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク