女性ホルモン投与のメリットとデメリット

女性ホルモンを投与するのは、
女性ホルモン補充療法で用いられる方法なのですが女性ホルモン補充療法にはメリットもありますがデメリットもあります。

 

 

 

メリットは、更年期障害など女性ホルモンの分泌低下によってあらわれる様々な不快症状を軽減もしくは改善してくれるかなり有効な治療法です。

 

 

 

 

しかし、デメリットはやっぱり副作用があること。

 

その副作用というのは、女性ホルモン補充療法に用いられる薬の種類にもよりますが「エストラジオール」を長い期間投与すると子宮内膜癌などの確率があがります。

 

 

※エストラジオールの薬には、貼り薬と飲み薬があり、特に更年期障害の症状における、発汗やのぼせ、ほてりなどのホットフラッシュ(血管運動神経症状)や閉経後の骨粗しょう症などの治療の際に使われています。皮膚からの吸収が可能な性質をもっています。

 

 

エストラジオールは、主に女性ホルモンのエストロゲンに含まれている成分で、生物活性が非常に高いです。この働きによって、女性としての性が作られているわけですが、「癌」などの発症率があがってしまいやすいのです。

 

 

エストロゲンが増えすぎると癌になりやすいというのは、そこに含まれるエストラジオールの作用によるものなのですね。

エストラジオールの生物活性を程よく抑えてくれるホルモンと補充

スポンサードリンク


でも、エストロゲンの(エストラジオールの)活性を程よく抑えて、
バランスをたもってくれるのが、女性ホルモンのうちの1つの
プロゲステロンになります。

 

 

プロゲステロンは、癌の発症を抑える働きをしてくれますので、
プロゲステロンの補充も検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

女性ホルモンは年と共に低下していくものなのですが、
エストロゲンにくらべて、プロゲステロンはもともと分泌量がすくなく、
出産などを終えると急速に減ってしまうものなのです。
そこにエストロゲンだけを補充していくとますます、
エストロゲンの作用は強まり、癌の発症率は上がります。

 

 

そして、これまで保たれてきた、エストロゲンとプロゲステロンのバランスも
崩れてしまいますよね。

 

 

女性ホルモンの補充療法は、女性ホルモンの低下で苦しむ症状を
緩和したり改善したりする効果は高いものの、長い期間投与して
治療するのは避けるべきです。

 

 

お医者さんとよく相談されて、投与を始めるなら、どれくらいの期間を
投与すべきかをあらかじめ検討されたほうがよいでしょう。

 

 

副作用が強い女性ホルモン補充療法を行う前に、当サイトで紹介しているような、
自分でできる女性ホルモンをアップする方法を試してからでも遅くはないです。

 

 

女性ホルモンをアップさせるには、日々の生活次第で、
かなり増やすことが可能ですので、サプリなども検討しながら
されてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

女性ホルモン投与と更年期症状の緩和
女性ホルモン投与は更年期障害の症状改善に有効なのか、女性ホルモンの補充療法などの更年期症状緩和についてお伝えしています。
女性ホルモンと口ひげ
女性ホルモン投与でヒゲが薄くなるというのにはちゃんとしたメカニズムがあります。口ひげや体毛が気になる女性は是非このメカニズムを知って、女性ホルモンアップで口ひげを減らしましょう!
自律神経の乱れを抑える
自律神経は女性ホルモン投与で乱れを抑えられるのか、体の仕組みやメカニズムを通してお伝えしています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク