なぜ、女性にも口周りにうっすらヒゲが生えるのか?対処法は?

これは、女性の体内に存在する男性ホルモンのせいです。女性も女性ホルモンの他に男性ホルモンが、卵巣や副腎などから分泌されていて、男性の1/10位の量が常に出ています。

 

 

女性ホルモンが男性ホルモンの作用が出すぎるのを通常は抑えてくれるのですが、女性ホルモンの分泌がしっかり行われていない場合、男性ホルモンの方が活発になり、男性のような体になるのです。

 

スポンサードリンク


女性ホルモン低下で起こる男性ホルモンの支配

年齢を増すごとに女性の声が低くなっていったり、髪の毛がばさばさになって毛が濃くなったり、肌のきめが粗くなっていくのも、女性ホルモンの量が減って「男性ホルモン」のパワーが猛威を振るい始めるからなのですね…;

 

 

女性は加齢とともに確実に女性ホルモンの分泌量が減少します。女性ホルモンは子供を産み育てるためにあるようなものなので、その盛りを過ぎると分泌されなくなってしまうのですね。

 

卵巣の機能が低下してくると分泌指令が脳から出ても分泌できない状態になってしまうのです。

 

 

女性ホルモン投与でヒゲがなくなるのはなぜ?

女性ホルモンを投与すると、女性ホルモンが体の中に増えます。その時にエストロゲンもプロゲステロンも同時に投与されますが、エストロゲンが増えることで、男性ホルモンの働きが抑えられます。

 

頭の髪の毛は女性ホルモンの影響で薄くなったり濃くなったりしますが、ヒゲなどは男性ホルモンの領域。女性ホルモンのエストロゲンが多くなると男性ホルモンの働きが抑えられて、ヒゲが薄くなるのです。その他の体毛もですね!

 

実際に女性ホルモンの量が増えてくると、ヒゲも体毛もなくなりつるつるすべすべのお肌が見えるように…!

 

 

ただ、女性ホルモンはストレスなどで減少しやすいホルモンでもあります。いくら投与しているからといっても、悩み事やコンプレックスなどを強く考えてストレスを溜め込みすぎるとホルモンの働きが十分ではなくなってしまいますよね。

 

 

もし、口ひげが濃くて困るという女性は、女性ホルモンを増やす努力をされたほうがよいです。サプリもありますし、もちろん女性ホルモン投与という方法もあります。自分の体にとって無理のない方法をされてみて下さい。

 

当サイトではその方法もいろいろご紹介していますので、ご覧ください^^

 

おすすめの関連ページ

 

体毛を薄くしたい女性へ⇒

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

女性ホルモン投与と更年期症状の緩和
女性ホルモン投与は更年期障害の症状改善に有効なのか、女性ホルモンの補充療法などの更年期症状緩和についてお伝えしています。
女性ホルモン投与の副作用って?
女性ホルモン投与で副作用が出るのか?女性ホルモン投与で起こりうる副作用やその原因とメカニズムについて知るることで、自分の体に合った女性ホルモンの増やし方を選んで行うことも可能です。
自律神経の乱れを抑える
自律神経は女性ホルモン投与で乱れを抑えられるのか、体の仕組みやメカニズムを通してお伝えしています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク