自律神経の乱れは女性ホルモンのバランスと関係している

女性ホルモンの分泌を指令しているのは脳の視床下部です。女性ホルモンは、脳の視床下部から脳下垂体に指令を出して、性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、その指令を受けて卵巣から女性ホルモンが分泌されるという仕組みになっています。

 

ところが、自律神経を司っている視床下部は、脳下垂体から分泌されたホルモンの影響を受けてしまうのですね。

スポンサードリンク


女性ホルモン投与で自律神経の乱れを整えることもできるのか?

脳下垂体からは、女性ホルモンの分泌を促す性腺刺激ホルモンだけではなく、たくさんのホルモンを分泌しています。

  • 成長ホルモン
  • 甲状腺刺激ホルモン
  • 副腎皮質刺激ホルモン
  • 性腺刺激ホルモン

など

 

何かの原因でこれらのホルモンの分泌に異常がでてくると、視床下部まで影響を受けてしまい、自律神経までもがおかしくなってしまうというわけなのです。

 

 

とくに女性の場合は、生理や妊娠、出産、生理周期などホルモンが大きく入れ替わりながら体が保たれていて、ちょっとしたことでバランスはすぐに崩れてしまいます。

 

 

その女性の体を健康に美しく保つという大きな役割を果たしているのが女性ホルモン。上記に述べたちょっとしたことというのは、「ストレス」「食事の偏り」「睡眠不足」「運動不足」「体の冷え」「姿勢の悪さ」などからすぐに分泌量が減ってしまうものなのですね。

 

ですので、女性ホルモンの分泌がこれらの原因で減ってしまうと、自律神経の乱れも高い確率で起こってくるということです。

 

 

自律神経が乱れるとどうなるの?

 

自律神経は、私たちが意識をしなくても、生きていくための生体運動をしてくれている大切な神経です。具体的には、体温を維持、循環、呼吸、代謝、分泌、排泄、生殖などです。

 

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、主に交感神経は活動しているときに優位になる神経です。仕事やスポーツなどは交感神経が優位になって血圧をあげ、心機能が向上して、動きやすい体の状態にしてくれます。

 

 

一方副交感神経は睡眠時やリラックス時に優位になる神経で、心機能はおさえられて、消化活動が活発になって、食べたものの栄養の吸収、蓄積などが行われるわけです。

 

 

しかし、この交感神経と副交感神経がストレスや原因などでうまく切り替えられなくなると、体調がどんどん悪くなります。上記に述べたように私たちが意識していない部分での活動が非常に多い自立神経ですので、その状態がおかしくなってもなかなか見つけ出しにくいのです。

 

 

ただ症状として知っておくとおいですね。

 

めまい、うつ、パニック障害、動悸、神経性の胃炎、過敏性腸症候群、過呼吸症候群などです。

 

 

自律神経の乱れを女性ホルモンを増やすことで解決できる?

 

自律神経の乱れが女性ホルモンのバランスの悪さからくるものだと一概には言えませんが、女性ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを自分で調べられる方法はあります。それは・・・

 

 

基礎体温をつけること

女性ホルモンは月経周期、排卵などによって、高温期と低温期の二層に分かれます。これが低温期が続いていたり、高温期が短すぎたりすると女性ホルモンのバランスが良くないといえます。この場合は一度婦人科系で見てもらうことをおススメします。

 

 

女性ホルモンを投与して、女性ホルモンのバランスが安定することで、乱れていた自律神経をそれ以上ひどくさせなくすることはできるのではないでしょうか!

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

女性ホルモン投与と更年期症状の緩和
女性ホルモン投与は更年期障害の症状改善に有効なのか、女性ホルモンの補充療法などの更年期症状緩和についてお伝えしています。
女性ホルモン投与の副作用って?
女性ホルモン投与で副作用が出るのか?女性ホルモン投与で起こりうる副作用やその原因とメカニズムについて知るることで、自分の体に合った女性ホルモンの増やし方を選んで行うことも可能です。
女性ホルモンと口ひげ
女性ホルモン投与でヒゲが薄くなるというのにはちゃんとしたメカニズムがあります。口ひげや体毛が気になる女性は是非このメカニズムを知って、女性ホルモンアップで口ひげを減らしましょう!

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク