体を温めてくれる食べ物と冷やす食べ物を知ろう!

寒冷地法でとれるものや冬の食べ物は体を温める作用があります。
また、色が濃い食材は体を温める効果が高いのです。

 

根菜類やイモ類など土の中で育った野菜も体を温める効果がたくさんあります。
砂糖でも「てんさい糖」は寒冷地でとれるてんさいから作られています。
体を温める作用があります。

 

体を温める食べ物と冷やす食べ物

 

体を温めてくれる身近な食材

<体を温める食べ物>

  • 野菜なら:玉ねぎ・ネギ・カボチャ・人参・

    ゴボウ・ナス・黒豆・小豆・サツマイモ

  • 果物なら:リンゴ、サクランボ、もも、ライチ
  • パンなら:黒糖パン・全粒粉パン・玄米パン
  • お茶なら:ほうじ茶・中国茶・紅茶・ショウガ湯
  • お酒なら:日本酒・赤ワイン
  • 薬味なら:ショウガ・唐辛子など
  • 動物性のお肉などは体を温めます。(レバーやきもなど)

 

夏でも、体や腰を冷やさないために、上記の食べ物は役立ちますね!
管理人は、夏は極力「麦茶」を選ばず、「ほうじ茶」を飲むようにしています。


スポンサードリンク


体を冷やしてしまう食べ物も知っておこう!

<体を冷やす食べ物>

  • 夏野菜:トマト・キュウリ・レタスなど
  • 果物:バナナ、パイナップル、トロピカルフルーツなど南国の果物
  • 飲料:コーヒー・緑茶・ビール
  • 化学調味料・白砂糖

 

上記には、自然な食べ物で適度に体を冷やす野菜もあります(夏野菜)。

 

しかし、大量に食べることで、予想以上に体を冷やし、卵巣機能の低下につながる食品もありますので、注意が必要です。


 

特に、インスタント食品・お菓子も化学調味料が含まれているため体が冷えやすくなります。上新粉や小麦粉も体を冷やしやすい。白砂糖(白砂糖はサトウキビが原料です。サトウキビは熱帯地方の植物であるため、体を冷やす作用があります。

 

※もちろん冷たい飲み物や清涼飲料水(ジュース)、氷、アイスなども。

 

体が冷えやすくなる生活習慣

  • 朝食を摂らないこと
  • 薄着で冷房の効いた部屋にいること
  • お風呂をシャワーだけにしていること
  • 運動不足
  • 姿勢が悪かったり、肩こりがひどいこと
  • 栄養の偏りがある食事
  • ジュースが大好きでいつも飲んでいるなど

 

ジュースの中にはたくさんの白砂糖が使われています。白砂糖は体も冷やしますが、非常に体によくないものです。摂りすぎには注意しましょう!

 

てんさい糖は少し高めですが、体を温めるし、空腹感がでるのを抑えてくれます。ダイエットしたい方にはおススメのお砂糖です。これらのことを知っていれば、体を温めて卵巣に影響のない生活ができますね!

 

 

身体を温めるには、温める食べ物と共に、
「冷やさない生活」が大切だったのね♪


 

夏なのにエアコンで冷え性がひどいという女性には、体を温めるサプリメントもあります。
冬でももちろんかなり有効です。温潤へスぺリジンは上記に述べたたくさんの体を温める食材を含有した成分からなっていて、加齢で低くなる体温を高く保ってくれる働きがあります。
今ならお試し価格で1か月分が1000円でした!

 

体を温めて、卵巣機能アップの栄養素がぎっしり詰まってるのは「マカ」ですね♪かなり信頼できるマカについてもコチラでお話しています。

 

 

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

卵巣機能を高める3つのpoint
卵巣機能を高めるためにはいくつか大切なポイントがあります。これらのポイントを押さえて生活することで、卵巣機能が高まり女性ホルモンの分泌もふえやすくなりますよ。
卵巣の老廃物を排出しよう!
卵巣の老廃物や毒素がたまっていると、機能低下の原因となります。卵巣の老廃物や毒素を排出して女性ホルモンを増やすためにはどんなことをすればよいのでしょうか?それは…

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク