チェストベリーの成分がホルモンバランスの乱れを解消!

チェストベリーと女性ホルモンバランス

 

 

こんにちは!管理人のNIKOです。ココでは「チェストベリー(チェストツリー)」と女性ホルモンとの関係を中心にお話しますね♪


「チェストベリー」は「チェストツリー」とも呼ばれているハーブです。中央アジア原産で、世界中の熱帯、亜熱帯地域に生えています。
アフリカなどでも伝統的に使われていますし、薬用の植物として2000年もの歴史のあるものだったのですね!

 

そのチェストベリー(チェストツリー)は女性ホルモンやホルモンバランスとどのように関係するのでしょうか?

 

チェストベリーの効能効果とホルモンバランスの関係

その効能効果としては、やはり女性ホルモンのバランスを保つという点。

 

 

チェストベリーの葉には、フラボノイドがたくさん含まれ、花や葉っぱには、プロゲステロンも含まれています。

 

プロゲステロンには、「女性ホルモンのエストロゲン」が増えすぎるのを抑える作用などもありますので、このような作用によって、女性ホルモンバランスが乱れた方にはかなり有効なんですね^^

 

PMS(月経前症候群)や、月経不順の改善に使用されたり、更年期障害や子宮筋腫、子宮内膜賞、卵巣嚢胞などの病気にも
使用されるほどの効能があるわけですね。

 

痩せ型の女性でも、ストレスを大きく抱えたりすると、女性ホルモンは一発で乱れてしまいます。それは、生理不順や月経前症候群の症状などになって、現れてきますが、なかなか病院にまで行って、検査して薬をもらう、というところまでは普段できませんよね・・・。

スポンサードリンク


ホルモンバランスが乱れると…?

 

 

  • イライラして、落ち着いて物事を考えにくくなる
  • カッとなってしまう
  • 体が不調でしんどくなる

 

こんな状態になりがち。チェストベリーという天然のハーブを上手に使うのも、体にも心にも優しい方法ではないでしょうか?

 

 

チェストベリーの取り入れ方とは?

 

 

チェストベリーは、「ハーブティー」としても頂けますので、サプリメントは抵抗あるな・・・という方にはいいかもしれません。
アロマオイルにもあるので、アロマが好きな方は試してみても◎(他のアロマの効能⇒)

 

 

チェストベリーはサプリメントとしての方が、手に入れやすいようですね^^

 

 

チェストベリーの副作用ってあるの?

 

チェストベリーの副作用は、ほとんどない!というのがこのハーブを使用するメリットでもあります。ホルモンに関係するハーブだともっといろいろな副作用もあるものが多いですが、チェストベリーは違うのですね!

 

 

完全にないとは言えませんが、これまでの研究で副作用が出た人は、使用している人の1〜2%程度で、
・胃の不調
・吐き気
・めまい
・経血増加     というものです。

 

副作用が少なく、効能が期待できるチェストベリーは「ホルモンバランスを整えたい女性」にも、もちろんいいですが、「バストアップしたい方」にもオススメの成分ですね^^

 

 

チェストベリーのサプリだとお値段もそんなに高くないものも多いので、始めやすいという点もチェストベリーのいい部分ですよね!

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

マカの女性ホルモンアップのヒミツ
マカは女性ホルモンを増やすのにイイと聞かれたことがあると思いますが、マカのどんな部分が女性ホルモンを増やすことに効果を発揮するのでしょうか?効能や効果について詳しくお話しています。
エクオールと女性ホルモン
女性ホルモンを増やす成分とは、どのようなものがあるのか、その効能や効果をまとめながらお話して言います。女性ホルモンを増やす成分について知り、自分の体調や状態に合わせて摂取されてみるのもいいですよ。
プラセンタの脅威のパワーとは!
プラセンタは現在かなり注目されている成分ですが、女性ホルモンを増やすのに、本当にいいのでしょうか?プラセンタの効能効果やパワーと共に女性ホルモンとの関係について詳しくお話しています。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク