ワイルドヤムが女性ホルモンを増やすのに役立つワケ

こんにちは!管理人のNIKOです。

 

このページでは、最近注目がかなり高まっているワイルドヤムという成分について、女性ホルモンアップの視点でその効果や働きについて述べていきたいと思います。

 

ワイルドヤムは、ヤマイモの一種で、アジアやアメリカなどに自生しており、古くから漢方薬などにも使われてきた信頼できるお芋なんですよね。

 

私たちがスーパーで買って食べるヤマイモ(長いも)とそっくりですが、「ジオスゲニン」っていうサポニンをたくさん含んでいるのが特徴です。

 

スポンサードリンク


ジオスゲニンってなに?

ジオスゲニンとは、若返りの成分ともいわれていますが、
DHEAと構造も似ており、効能もよく似ているという説があるからだそうです。

 

このDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は女性ホルモンの前駆体。
つまり、女性ホルモンが分泌される前の形。

 

女性ホルモンは、コレステロールが体内の酵素などによって、
さまざまに形を変え、最終的にエストロゲンやプロゲステロンとなって分泌されています。

 

ちなみに女性の体内で男性ホルモンも作られていますが、
それの前駆体も、このDHEAですが〜。

 

このワイルドヤムは、特に女性ホルモンのプロゲステロンの分泌を
促進させる働きがあることから、

 

バストアップ用のサプリやあPMSのサプリメントなどにも
よく使われていますね。

 

女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンがあり、
ただ増やせばいいってものじゃないため、
女性ホルモンのバランスを整える働きをするのが
このワイルドヤムの成分だったりするわけです。

 

哀しいことに、私たちの女性ホルモンは老化によって
どんどん分泌量が低下していきます。

 

女性ホルモンを増やす方法!といえば、
エストロゲンを増やす、イソフラボンや最近ではエクオールなどが
かなり注目を浴びていますが、

 

本当に急低下するのは、プロゲステロンの方なんですよね。

 

プロゲステロンの急低下のせいで、
ホルモンバランスが乱れ、
更年期ような症状が次々と現れることもあります。

 

プロゲステロンは、一般的には「不快ホルモン」とも言われ
ニキビや胸の張り、イライラ、むくみ、など様々な症状を出します。

 

主に生理前に多く分泌されるホルモンですので、
生理前の症状が辛い場合は、
プロゲステロンなんて増えたら困る〜って思うかもしれません。

 

でも、プロゲステロンは、エストロゲンの作用ばかりが強く効きすぎるのを
セーブする役割もあるため、 NIIKO的にはかなり重要なホルモンだと感じています。

 

それが「乳がん」などの疾患に関係しているからです。
エストロゲン性の乳がんは、エストロゲンの力で増殖していきます。

 

でもプロゲステロンがしっかり分泌していると
エストロゲン過多のパワーを抑えてくれるっていうイメージです。

 

何事もバランスはすごく大事だなと感じます。

 

バストアップ目的でワイルドヤムを利用したい方も
多いと思いますが、その場合も、ホルモンバランスは重要。

 

ワイルドヤムの力もうまく取り入れながら、
うまくホルモンアップしてくださいね!

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

マカの女性ホルモンアップのヒミツ
マカは女性ホルモンを増やすのにイイと聞かれたことがあると思いますが、マカのどんな部分が女性ホルモンを増やすことに効果を発揮するのでしょうか?効能や効果について詳しくお話しています。
エクオールと女性ホルモン
女性ホルモンを増やす成分とは、どのようなものがあるのか、その効能や効果をまとめながらお話して言います。女性ホルモンを増やす成分について知り、自分の体調や状態に合わせて摂取されてみるのもいいですよ。
プラセンタの脅威のパワーとは!
プラセンタは現在かなり注目されている成分ですが、女性ホルモンを増やすのに、本当にいいのでしょうか?プラセンタの効能効果やパワーと共に女性ホルモンとの関係について詳しくお話しています。
チェストベリー
チェストベリーの効能効果が女性ホルモンバランスを整える上でどのような作用があるのかをお話しています。またチェストベリーの副作用にも触れていますので、女性ホルモンバランスを改善されたい方もぜひ見ていってくださいね^^

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク