産後の女性ホルモンは増やす方がいいの?ホルモンケアのコツ

出産&子育て、毎日ご苦労様です♪管理人のNIKOです。ココは、産後のママさんの肌の調子や体の不調の原因と女性ホルモンの関係について詳しくお話してます。
産後、授乳中は夜もまともに眠ることができず、かといって、昼間も休みなく子供の世話をしなければならない…だから、とてもしんどい。

 

男性である旦那さんの理解はなかなか得られないこともあると思います。でも、お子さんにとって、ママが「元気」であることは、何よりも大切で、重要なことですので、何となくでいいので、産後の体の負担を減らす生活を心がけてみましょう!

スポンサードリンク


style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-2319475265766650"
data-ad-slot="9938147201">



 

産後の女性ホルモンってやっぱり減るの??

 

出産して、息をつく暇もなく、授乳をして、赤ちゃんの世話をして、家族の用事をこなしているママさん。本当にご苦労様です。

 

きっと、多くのママさんが、「赤ちゃんは可愛い!」「でも体はしんどい〜〜」という状態の中、毎日頑張られていることと思います。

 

体がイマイチ調子が出ない、肌がボロボロ、精神的にちょっとおかしいかも!?というその原因と女性ホルモンの関係について見ていきましょう。

 

 

心と体・肌の不調は女性ホルモン減少が原因だった!

 

 

産後の女性ホルモンというのは、妊娠中に比べると、実は「天」と「地」の差ほど分泌量が異なります。

 

引用:http://sotunyu-bustup.info/

 

その理由は、色々あります。

 

@これ以上たくさん女性ホルモンを分泌する必要がないから。

 

妊娠すると、胎児を育て、妊娠を継続させるために、女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが大量に分泌されるようになります。

 

通常、エストロゲンとプロゲステロンは、生理周期に合わせて、多くなったり少なくなったり、という状態を繰り返しながら、ホルモンバランスを保っています。

 

 

しかし、妊娠すると、どちらもどんどん分泌量を増やして、赤ちゃんを成長させます。

 

ところが、出産すると、もう体内に赤ちゃんを育てることも、守る必要もないため、ホルモンはどんどん減少していきます。

 

 

Aプロラクチンがホルモン分泌を抑制する!

 

出産するとすぐに母乳を出して、赤ちゃんを外で育てるのも大事な仕事。そのためには、「母乳を出す」というホルモンがどんどん分泌されます。それが「プロラクチン」。プロラクチンは「赤ちゃんのことを考える」「赤ちゃんを抱っこする」というような動作や心の変化にも反応して、母乳を作ったり出したりする作用があります。

 

だから、赤ちゃんのことを考えるとお乳が張って、母乳がにじみ出てきたりするのですね。

 

 

ところが、プロラクチンのもう一つの作用として、「女性ホルモンの分泌を抑制する」という作用があります。

 

 

これは、女としてではなく、母親として、しっかり子どもを育てるために神さまがくださった作用なのかもしれませんが、生理は止まるし、性欲はもちろんなくなるし、様々な変化を心と体にもたらします。

 

 

女性ホルモンが減ることで産後に起こるママの変化

 

 

妊娠中はたくさん出ていた女性ホルモンが急に減少(急降下)することによって、こんなことがおこりやすくなります。

 

  • 肌荒れ・乾燥
  • 髪の毛がバサバサに・白髪・抜け毛が増える
  • 脂肪がつきやすくなる
  • 肩こりや腰痛
  • 精神的なイライラ・うつなど

 

実はこれ、女性ホルモンの減少とかなり大きく関係しているのです。

 

 

女性ホルモンのエストロゲンが大きく関係!

 

エストロゲンは、女性の潤いやハリを保ったり、代謝機能を(脂肪燃焼)をアップさせたり、精神的な安定をもたらしたり、と非常に幅広い役割を担っているホルモンです。

 

 

それが、産後、子育てに忙しい中で、分泌が低下したとなれば、上記のような状態が出てきてもおかしくはありません。むしろ、出てきて当たり前…

 

 

でも、ママにとっては、辛い状態となってしまいます。

 

では、産後に低下した女性ホルモンケアはどうすればよいのでしょうか?

 

 

産後の女性ホルモンって増やすべき?

 

 

産後の肌トラブルや心の不安定感、髪のパサつきや抜け毛、体の不調は、女性ホルモンの急激な低下が関係していますが、

 

産後に「女性ホルモンを増やす」というのは、特別な疾患の治療等がなければ行わない方がベストです。

 

 

なぜなら、特に授乳中は、プロラクチンが母乳を出すために「女性ホルモン」を抑制しているのだから、それを勝手に増やそうとすると、体のバランスがさらにくるってしまいます。

 

 

ですので、産後・授乳中の場合は、女性ホルモンを「直接」増やすような成分のサプリはあまり摂取されない方がよいでしょう。授乳期が終わって、生理も再開している状態なら話は別ですが…。

 

 

 

産後の不調を整えるためにママができること

 

産後・授乳中はとにかく、栄養状態に気を付けて、無理をしないことが最も重要で、これが卒乳後のホルモンケアにもつながりますよ〜♪

 

母乳はママが食べた物からでき、「血液」が「母乳」という白っぽい液状のものになって赤ちゃんのもとへ届けられます。

 

つまり、ママは、どんどん赤ちゃんに「良い血液」を作ってあげているということ。

 

 

だから、産後のママさんは貧血や栄養不足になりやすいんですね・・。

 

血液量や質が悪くなってくると、「女性ホルモンを分泌している卵巣」などの働きも低下、老化しやすくなるので、授乳中にしっかりと栄養のある物を食べて、良い血液をつくりながら、産後の間接的なホルモンケアをされておくのがいいのです。

 

 

かといって、貧血を防ごうと思うと、大量にホウレンソウや納豆、レバーやひじきを食べなければならず・・・なかなか大変だったりします。

 

そんなママは「鉄分」「ビタミン」にくわえ、葉酸なども一緒に摂取できるサプリも使えますよ〜。

 

管理人NIKOは「美めぐり習慣」というサプリや「フィネス」のサジージュースなんかは、産後の貧血時に使ってかなり良かったですね♪サジーはちょっと酸っぱいですが(笑)


夕方貧血でフラフラ〜っとしてきた時に摂取すると、すぐに復活できますから♪

 

鉄分やビタミンは、女性ホルモンを分泌するのには必須の栄養素なので、今のうちから「不足状態」にしないことは、その後のホルモンケアに大きくかかわりますからね^^

スポンサードリンク


産後の女性ホルモンは増やす方がいいの?ホルモンケアのコツ記事一覧