産後の女性ホルモンって増やすべき?

産後は、女性ホルモンが急激に減少することで、様々なトラブルを引き起こしてしまっている、ということは前のページでお話しました。

 

ココでは、産後の女性ホルモンを増やした方がいいのか、何をどうすればいいのかについてお話していきます。

スポンサードリンク


産後の肌トラブルや心の不安定感、髪のパサつきや抜け毛、体の不調は、女性ホルモンの急激な低下が関係していますが、

 

産後に「女性ホルモンを増やす」というのは、特別な疾患の治療等がなければ行わない方がベストです。

 

 

なぜなら、特に授乳中は、プロラクチンが母乳を出すために「女性ホルモン」を抑制しているのだから、それを勝手に増やそうとすると、体のバランスがさらにくるってしまいます。

 

 

ですので、産後・授乳中の場合は、女性ホルモンを「直接」増やすような成分のサプリはあまり摂取されない方がよいでしょう。授乳期が終わって、生理も再開している状態なら話は別ですが…。

 

 

 

産後の不調を整えるためにママができること

 

産後・授乳中はとにかく、栄養状態に気を付けて、無理をしないことが最も重要で、これが卒乳後のホルモンケアにもつながりますよ〜♪

 

母乳はママが食べた物からでき、「血液」が「母乳」という白っぽい液状のものになって赤ちゃんのもとへ届けられます。

 

つまり、ママは、どんどん赤ちゃんに「良い血液」を作ってあげているということ。

 

 

だから、産後のママさんは貧血や栄養不足になりやすいんですね・・。

 

血液量や質が悪くなってくると、「女性ホルモンを分泌している卵巣」などの働きも低下、老化しやすくなるので、授乳中にしっかりと栄養のある物を食べて、良い血液をつくりながら、産後の間接的なホルモンケアをされておくのがいいのです。

 

 

かといって、貧血を防ごうと思うと、大量にホウレンソウや納豆、レバーやひじきを食べなければならず・・・なかなか大変だったりします。

 

そんなママは「鉄分」「ビタミン」にくわえ、葉酸なども一緒に摂取できるサプリも使えますよ〜。

 

管理人NIKOは「美めぐり習慣」というサプリや「フィネス」のサジージュースなんかは、産後の貧血時に使ってかなり良かったですね♪サジーはちょっと酸っぱいですが(笑)


夕方貧血でフラフラ〜っとしてきた時に摂取すると、すぐに復活できますから♪

 

鉄分やビタミンは、女性ホルモンを分泌するのには必須の栄養素なので、今のうちから「不足状態」にしないことは、その後のホルモンケアに大きくかかわりますからね^^

 

 

 

 

スポンサードリンク




この記事の関連ページ

産後は女性ホルモン急低下!
産後は女性ホルモンが低下するの?肌や体の調子がとても悪くなってしまったママさんは、特に、「何が原因なの?」と不安だと思いますが、女性ホルモンのバランスや分泌量が関係していたのです。

■女性ホルモンを増やすために、手軽に始められるのは?
 日本産の天然成分のパワーがすごい?!⇒



■女性ホルモン低下で太りやすく!?
その真相と対策とは⇒



スポンサードリンク